レーシック手術が終わり、自宅へ帰宅してから寝るまで

レーシック手術が終わり、自宅へ帰宅してから寝るまで

タクシーを降り、自宅に入って、スーパーで買った弁当を電子レンジでチン。

「なんとか帰って来れた・・・」とホッとする。

部屋では電気をつけず、間接照明だけを1つ付ける。

そして、買ってきた弁当を食べながら、テレビを付ける。

しかし、テレビの画面はまぶしくて見てられない。

テレビを観ていると目が染みて、涙が出てくる。

なので、視線はテレビに向けず、音だけ聴きながら薄暗い部屋で弁当を食べる。

食後、5分おきに手術後にもらった3種類の目薬を差す。

そして、歯を磨き、すぐに布団に横になる。

間接照明の中、布団に横になって本を読もうとするが、2行ほど読んで本を閉じる。

やはり、レーシック手術後はテレビも本も目に負担がかかってダメらしい。

ということで、22時30分に就寝。

神戸クリニックの女性スタッフに言われたように、だてメガネをかけたまま寝る。

寝ている間に、無意識に目をこすってしまうことがあるからだ。

真っ暗闇の部屋の中、布団に入りながら僕は思う。

明日の朝になったら、この目の染みはなくなっているのだろうか・・・?そして、僕の目は良くなっているのだろうか・・・?

» 次の記事:レーシック手術後1日目、朝から目が良く見える。眼の染みもなし

« 前の記事:レーシック手術後の帰り道が一番の難関、光がまぶしい、目がしみて涙が出る