レーシック手術後6日目、1週間検診で視力が1.5から1.2に落ちる

レーシック手術後6日目、1週間検診で視力が1.5から1.2に落ちる

レーシック手術後6日目 パート2。

さて、今日は17時30分から神戸クリニックで1週間検診だ。

1週間ぶりに恵比寿へ。

恵比寿駅の改札を出ると人であふれていた。

いつも思うのだが、この駅はセレブな雰囲気がある。

そのせいか、恵比寿駅で待ち合わせしている人たちも、なんとなくオシャレで上品な雰囲気を持っている人が多いように感じる。

こういった人間観察はけっこう楽しい。

今日見た人の中で一番ビビったのは、恵比寿アトレのオシャレな雑貨屋さんにいた女性だ。

なんと、その女性は超ミニのショートパンツを履いていた。

でも、そのショートパンツはシースルーだったのだ。

ショートパンツの色は薄いピンクで、うっすらと黒のティーバックが透けて見える。

お尻の形も丸分かり。

僕は一瞬自分の目を疑ったが、これが2011年夏の最新東京ファッションなんだろう。

サングラスしていたから僕の目が彼女のお尻にくぎ付けになっていたことはバレなかっただろう(笑)。。

17時30分に神戸クリニックに来院して受付を済ます。

待合室で待っていると、すぐに僕の名前が呼ばれる。

まずは、機械で目を見る。

お馴染みの一直線の道の先に気球がある景色を見る機械だ。

女性スタッフは僕の眼が問題なく、すごく順調だと言う。

それから、眼科に行くと必ずやる片眼を隠して上・下・左・右の視力検査。

ここでちょっとした異変が。

翌日検診では両目とも1.5が見えたが、今日は左眼が1.2までしか見えない。。

女性スタッフいわく、最初の1ヶ月くらいは視力が安定しないこともあるそうだ。

機械を使った眼の検査では特に異常はないので気にしないでいいとのこと。

でも、どうしてもちょっと気になってしまう・・。

というのも、僕は先日、お風呂で半身浴読書をしていた時に、左眼をけっこう強くこすってしまったからだ。

そこで、そのことを女性スタッフに伝える。

それから、女性スタッフは他に聞きたいことはないかと僕に尋ねる。

僕は聞きたいことがあったのが、なぜか思い出せない。。

ど忘れしてしまった。

電車の中で爆睡してしまったからか・・・。

「聞きたいことあったのですが、ど忘れしちゃって思い出せないので、思い出したら電話します。」と僕は答える。

それから今度は医師がいる部屋へ。

医師は僕の眼を機械で診る。

そして、「全く問題ないですよ〜。左眼も大丈夫ですよ〜!」とやさしく言う。

こんな感じであっという間に1週間検診が終了。

最後に受付で2種類の新しい目薬をもらう。

1つ目は、「ソフトサンティア」という目薬。

これは眼が乾いた時にする目薬。

1日何回点眼するとは決まってなく、眼が乾いたと感じた時に指せばよい。

ただし、防腐剤が入っていないので、開封してから10日しか使えないらしい。

まるで、セミのような寿命が短い目薬だ。

だから、3本もらった。つまり、30日分だ。

2つ目は、「フルオメソロン0.1」という目薬。

これは、手術後にもらった「DEX0.1(炎症予防の目薬)」がなくなったら、この「フルオメソロン0.1」に切り替えるとのこと。

手術後にもらった「ベガモックス(感染予防の目薬)」「DEX0.1(炎症予防の目薬)」「ヒアロンサン0.1(角膜保護ドライアイ対策の目薬)」は今まで通り、1日に4回なくなるまで差し続けるということ。

1週間検診は30分もかからず、あっという間に終わった。

次は1ヶ月検診だ。

» 次の記事:レーシック手術後7日目、車で美容院に、術後初のアルコール

« 前の記事:レーシック手術後6日目、手は体の中で一番菌が多い、石鹸選び


オンラインレンタル オンラインレンタルの楽天レンタル体験談

東京染井温泉 SAKURA(東京都豊島区・巣鴨)