レーシック手術後2日目、コンタクトレンズが入っているようなゴロゴロ感がある

レーシック手術後2日目、コンタクトレンズが入っているようなゴロゴロ感がある

レーシック手術後2日目の朝。

7時20分に目を覚ます。

いつものようにテレビを付けてBSのニュースにチャンネルを合わせる。

テレビの画面がよく見える。

まるでコンタクトレンズをしたまま寝てしまったかのような感覚に陥る。

いや、違う。僕はレーシックで新しい眼を手にしたのだ。視力1.5の新しい眼だ。

僕は自分にそう言い聞かせ、布団から出て、朝食の準備をする。

レーシック手術をしてまだ2日目ということもあり、まだゴロゴロ感を感じる。

このゴロゴロ感はまさにコンタクトレンズを数時間装着した時の、あの違和感のあるゴロゴロ感と似ている。

だから、コンタクトレンズが入っているような錯覚を起こしてしまう。

眼は新しくなったが、脳がそれにまだ対応できていないようだ。

それと、昨日は調子にのって、翌日検診の後に上野の東京国立博物館に「写楽」の絵を見に行ったせいか、体がちょっと疲れている。

すごい人混みだったからな・・・。

「特別展 写楽」は昨日が最終日だったので、多くの人が写楽の浮世絵を見に来ていた。

というか、神戸クリニックからもらった「術後生活の注意事項」というプリントには、手術後1〜6日間の過ごし方が書いてあるのだが、

外出時には保護用メガネを着用してください。※人混みは一週間まではなるべく避けるようにしましょう

と書いてある。。。

僕は手術翌日に思いっきり日曜日の上野の人混みに紛れてしまった・・・。

しかも、管内では保護用メガネをせずに裸眼で絵を見ていた・・・。(美術館の外ではサングラスをしていたが。)

まぁ、終わったことをあれこれ考えてもしょうがない。

僕は前に向かうだけだ。僕ができることは、前に向かうことだけなのだ。

朝食後、3種類の目薬を5分起きに差す。

そして、新聞を読みながらストレッチングをする。

腹筋や背筋、スクワット、腕立てのような筋トレはやらない。

まだちょっと怖いし、「術後生活の注意事項」というプリントには、

手術後1〜6日間は軽い運動も含め、スポーツ全般控えて下さい。

と書いてある。

それでも、「ストレッチくらいなら大丈夫だろう」と僕は思ったので、いつもより慎重に、なるべく眼や顔に力が入らないようにストレッチをしながら新聞を読む。

それでも、今日は蒸し暑いので、新聞を読み終わった時にはそれになりの量の汗をかいていた。

そこで、シャワーを浴びて汗を流すことにする。

「術後生活の注意事項」には、

翌日検診後、入浴・洗髪・洗顔は可能です。※温泉、サウナは手術後2週間は控えてください。

と書いてある。

いつもより慎重にシャワーを浴びて、汗を流し、それから髪の毛も洗うことにする。

というのも、手術当日と翌日の夜は髪の毛を洗ってなかったので、だいぶベトベトしてあぶらっぽくなっていたからだ。

眼にシャンプーやお湯が入らないように、細心の注意を払ってゆっくりとしっかりと洗う。

1回ではさっぱりしなかったので、2回シャンプーする。

「かゆいところはありませんか?」

僕は自分で自分の髪をシャンプーをしながら、美容院でのいつもセリフを思い出す。

関東ではほとんどの人が「かゆいところはありません。」と答えるが、関西では「ここがかゆいです。」と言うそうだ。

関東人である僕は「今度、美容院に行ったら”ここがかゆいので念入りにお願いします”と言ってみよう!」となぜか思う・・・。

シャワー後は、軽い雑用を済ませ、昼食をとる。

昼食後に3種類の目薬を差し、コーヒーを飲みながら本を読む。

すると、すぐに眠気に襲われる。

僕は今日から軽く仕事をはじめようと考えていたが、昨日の疲れと眠気に負けて、今日は1日オフにすることに決める。

僕はフリーランスなので、仕事は自宅でしている。だから、ある程度は融通が利くのだ。

「少し昼寝をしよう」と13時頃に布団に入る。

あえて、目覚ましはかけない。というか、僕は朝も目覚ましで起きることはない。

目が覚めた時が起きる時だ。

布団に入るとあっという間に深い眠りに入る。

まるで、それは深いの森の中へ吸いこまれるような深遠な眠り。

僕の意識が眠りから冷めた時、時計は17時を指していた。

なんと4時間も爆睡してしまった。

6月10日の適応検査、6月11日のレーシック手術、6月12日の翌日検診と上野の美術館鑑賞。

この3日間はホントにハードだった。

僕の体は自分が思っていたより、疲れていたようだ。

昼寝のぼんやりした頭をクリアにするために、顔を注意深く洗い、3種類の目薬を差す。

それから、夕食の準備をする。

18時頃に夕食を食べ、その後はパソコンを付けて、インターネットをする。

眼に負担をかけないように、休み休みインターネットをする。

ときたま、部屋の遠くを見るようにする。

今まで読もうと思っていたサイトの記事を読んだり、メールの整理をしたりする。

明日からすんなりと仕事が再開できるように、パソコン内のデータをきれいにする。

そんなことをしていたら、あっという間に22時に。

お風呂に入って、半身浴をしながら10分ほど本を読む。

今日は午前中に頭を洗ったので、体だけ洗う。

視力が良くなったので、湯気で曇った浴室でも鏡に映る自分の顔や体がよく見える。

お風呂から出ると、布団の上でストレッチをしながらテレビを観る。

いつもなら、ここで眠くなるのだが、今日は4時間も昼寝をしてしまったので眠くならない・・・。

とりあえず、3種類の目薬を忘れずに指す。手術後に言われたように、3種類の目薬を1日4回ちゃんと差す。

それからテレビを見続け、結局、寝たのは夜中の2時・・・。

しかも、寝る前にメガネをかけ忘れてしまった・・・。

寝ている間に手で眼をこすらなかったことを祈ろう。

それにしても今日は、まるでコンタクトレンズを装着したまま1日を過ごしたような感覚だった。

はやく、このゴロゴロ感がなくなってほしいな。

» 次の記事:レーシック手術後3日目、ゴロゴロ感がだいぶ和らぐ

« 前の記事:レーシック手術後1日目、上野の美術館に「写楽」の絵を見に行く


新商品ニュース あの噂の新商品をいち早く紹介

総量規制対象外のキャッシング